道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

インナーチャイルド

繰り返されることばを

考えてみるとものごころがついた頃から、私の頭の中はいつも自分に対する否定的なことばでいっぱいだったように思う。 「きっと失敗する。あなたには価値がない。ほらまた間違えた。」 何かに挑戦する時も、その最中も、いつもそんなことばと戦いながら何と…

愛を学ぶ場所

よく子どもは親を選んで産まれてくると言われる。 とてもそんなことは信じられないと言う人。 自分が選んでしまったのだからしょうがない。でもこんなはずではなかったと言う人。 良い部分だけを見ようとして、満たされない自分に気づかない振りをし続ける人…

本当の回復とは

毒親という言葉は、「毒になる親」の著者スーザンフォワードが作った言葉ですが、この言葉が世に出たことでどれほどの人が救われたことだろうかと思います。 依存症や共依存、生き辛さなどの根本的な原因が自分ではなく、生育環境にあると知ることは、アダル…

インナーチャイルドワークでできることできないこと

インナーチャイルドのワークは、自己認識や世界観を変えていくのにとても大きな効果をもたらします。 私もインナーチャイルドと向き合うようになったことで、自分の認識というものがいかに偏っていたのかを知り、その結果自分への信頼や自己愛を深めることが…

感情を知ること

今になって本当につくづく感じることは、過去の私がどれほど自分の感情を無いものにしてきたかということです。 ものごころがついた頃には、私は目の前にいる人の気持ちを計らってからしか自分の感情を表せなくなっていました。 泣きたいときも笑いたいとき…

インナーチャイルドが苦しむ要因

インナーチャイルドについて最近少しずつ分かってきたことがあります。 私は今までインナーチャイルドが癒されていない要因は、親などの外部の環境の影響が大部分を占めると思ってきました。 親から子への言動に問題が大きければ大きいほど、子どもがトラウ…

過去と融合すること

私たちの肉体は、過去の記憶の塊、潜在意識の塊です。 私たちが肉体の眼で、見ているものは「今」ではなく、もう「今ここ」に実在しないもの。 幻想のもの。 ならばこの「怖れ」を、もう「無いもの」として見ないようにすれば良いのだろうか。 この「不安」…

自分に対する責任とは

ここのところ、自我を押し付けて来る人、相手を卑下し自分の正当性を主張する人との出会いが何人か重なり、それは何故なのかなと考えていました。 実際のところ、そのような人は私が最も苦手とするタイプで、かなり気も滅入ってしまっていました。 ですが、…

インナーチャイルドを癒す意味

インナーチャイルドを癒す、というと、現実の問題からの逃避のようなものだと思う方もいるでしょう。 私も以前はそう思っていました。 目の前の問題を解決することに向き合わず、過去に逃避や責任転嫁をすることだと。 だけど、インナーチャイルドを癒す本当…

ぼくのきみへ

ねぇ。きみはやさしいひとだね。 いつも、みんなにやさしいね。 みんなのきもちをかんがえて、 だれかがかなしいときは、かなしみをなんとかしようとがんばったり。 だれかがくるしいときは、いっしょにくるしくなったり。 ひどいことをされても、あいてをせ…

親を恨んでしまうとき

親を恨む気持ちを、どうしても手放なせない人もいるかもしれません。 私も、ずっとそうでした。 「親は大切にするべき。」 「あなたのこと、心配だったんだよ。」 「育ててくれたのだから感謝しないと。」 日本ではそんな風潮も強く、生き辛さの要因を自らの…

自分の誤解を解く

産まれたときから成長するまでに育まれる自己愛、それは人が生きるための基盤となる自己承認の獲得に繋がります。 ならばその機会を得られないまま成長してしまった人は、一体どうすれば良いのでしょうか。 私は過去に戻り、間違いを訂正する以外にはなかな…