道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

世界観

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしい…

過去の経験を背負った肉体という乗り物を

昨日、とあるセラピストさんのカウンセリングを受けました。 その方は私が心の中で勝手に師と仰いでいる方でもあります。 私たちの肉体は、どんなに歳をとっても、どれほどの経験を積み重ねても、幼少期に培った記憶からは離れられないのかもしれません。 そ…

愛を学ぶ場所

よく子どもは親を選んで産まれてくると言われる。 とてもそんなことは信じられないと言う人。 自分が選んでしまったのだからしょうがない。でもこんなはずではなかったと言う人。 良い部分だけを見ようとして、満たされない自分に気づかない振りをし続ける人…

本当の回復とは

毒親という言葉は、「毒になる親」の著者スーザンフォワードが作った言葉ですが、この言葉が世に出たことでどれほどの人が救われたことだろうかと思います。 依存症や共依存、生き辛さなどの根本的な原因が自分ではなく、生育環境にあると知ることは、アダル…

インナーチャイルドワークでできることできないこと

インナーチャイルドのワークは、自己認識や世界観を変えていくのにとても大きな効果をもたらします。 私もインナーチャイルドと向き合うようになったことで、自分の認識というものがいかに偏っていたのかを知り、その結果自分への信頼や自己愛を深めることが…

起こることの意味を知る

まだ幼いころ、ものごとは必然として起こり、それはただ受けとめ流れていくのを見守るものでしかありませんでした。 それがいつしか私たちには自分でコントロールできるもの、すべきもののように感じられるようになるのです。 そして、人はその意味を間違え…

インナーチャイルドを癒す意味

インナーチャイルドを癒す、というと、現実の問題からの逃避のようなものだと思う方もいるでしょう。 私も以前はそう思っていました。 目の前の問題を解決することに向き合わず、過去に逃避や責任転嫁をすることだと。 だけど、インナーチャイルドを癒す本当…

奇跡は内に

私たちはいつも自分の外側に生きてきました。外側に生を求めることで、内に完全なものが与えられていることにずっと気づくことができずに。 外側に生を求めることは、等身大の「わたし」以上のものになることです。 「わたし」でない何かになることです。 こ…

間違えることが怖い

以前、何かのQ&Aの記事を読んでいたら「間違えることが異常に怖いのですが、どうしてでしょうか。」という投稿がありました。 その投稿に対して多くの人が「八方美人なんじゃない?」「人によく思われたいんでしょ。」というような返答をしていて、私は一般…

私たちは生きる世界を選ぶことができる

書籍「奇跡講座」にもありますが(まだ勉強中です(^_^;))私たちが普段目にしているものは、全てが過去のものです。 奇跡講座 テキスト編 作者: ヘレン・シャックマン,加藤三代子,澤井美子 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2013/06/25 メディア:…

私にとってのスピリチュアル

私は、神や魂というスピリチュアルなものから、ありのままで生きることを学びました。 スピリチュアルというと、引き寄せとか、こうすれば幸運になれるとか、非現実的で他力本願的な印象を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、私にとってのスピリチュアルは…