道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

思考

真実は内に

私たちは、いつも自分の外側を見て生きてきました。外側ばかりを求めることで、内に完全なものが与えられていることに気づくことができずに。 外側に生を求めることは、等身大の「わたし」以上のものになることです。 「わたし」でない何かになることです。 …

人は傷つけられない

人は、常に自分が今まで培ってきたフィルターを通して世界を、他者を認識しています。 そのフィルターは、過去におけるさまざまな学習から作られてきたもので、個人の歴史がひとりひとり違うように、ひとつずつ異なるフィルターです。 あなたの見ている世界…

怖れや不安はどこから

人がこの世界に生まれたとき、誰もが自分というものを知りません。 目に入る何かが、耳に流れてくる何かが、それが一体何であるかを知りません。 何も知らない赤ん坊にとって、もしかしたらその景色も自分かもしれないし、その音も自分かもしれません。 世界…

許すということ

「許す」というと、おそらく多くの人が嫌いなものや嫌いな人を許さなければならないと思うのではないでしょうか。 私たちは学校や社会において、まず他者を許すことを学びます。 だけど、本当に許すべき対象は何よりも自分です。 精神的な症状や生き辛さを抱…

間違えることが怖い

以前、何かのQ&Aの記事を読んでいたら 「間違えることが異常に怖いのですが、どうしてでしょうか。」 という投稿を目にしました。 その投稿に対して多くの人が 「八方美人なんじゃない?」 「人によく思われたいんでしょ。」 というような返答をしていて、私…

思考は私ではない

先日、友人と引き寄せについて話していたのですが、 「私、めんどくさい思考だから、物質の引き寄せが幸せだとなかなか納得できないんだよね。」 と伝えたときに、友人から 「自分のことをめんどくさいなんて言っちゃダメだよ。」 と言われて、え?めんどく…

あなたの見ている世界は本物ですか

私たちは過去だけをみている 書籍「奇跡講座」にもありますが(まだ勉強中です(^_^;))私たちが普段目にしているものの全ては、過去の観点に基づいています。 奇跡講座 テキスト編 作者: ヘレン・シャックマン,加藤三代子,澤井美子 出版社/メーカー: 中央ア…

スピリチュアルの観点からの心の病と癒し

私たちが「自分」という存在を肉体の視点から考えると、この世界は二元となります。 白と黒、大と小、美しさと醜さ、強さと弱さ、正しさと間違い、善と悪。 ですが、スピリチュアルの観点から見ると世界は一元です。 人も含め全てのものは、比較でも対照でも…