道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

感情

過去の経験を背負った肉体という乗り物を

昨日、とあるセラピストさんのカウンセリングを受けました。 その方は私が心の中で勝手に師と仰いでいる方でもあります。 私たちの肉体は、どんなに歳をとっても、どれほどの経験を積み重ねても、幼少期に培った記憶からは離れられないのかもしれません。 そ…

本当の回復とは

毒親という言葉は、「毒になる親」の著者スーザンフォワードが作った言葉ですが、この言葉が世に出たことでどれほどの人が救われたことだろうかと思います。 依存症や共依存、生き辛さなどの根本的な原因が自分ではなく、生育環境にあると知ることは、アダル…

感情を知ること

今になって本当につくづく感じることは、過去の私がどれほど自分の感情を無いものにしてきたかということです。 ものごころがついた頃には、私は目の前にいる人の気持ちを計らってからしか自分の感情を表せなくなっていました。 泣きたいときも笑いたいとき…

過去と融合すること

私たちの肉体は、過去の記憶の塊、潜在意識の塊です。 私たちが肉体の眼で、見ているものは「今」ではなく、もう「今ここ」に実在しないもの。 幻想のもの。 ならばこの「怖れ」を、もう「無いもの」として見ないようにすれば良いのだろうか。 この「不安」…

怖れや不安はどこから

私たちがこの世界に生まれ落ちたとき、誰もが「私」というものを知りません。 目に入る何かが、耳に流れる何かが、それが何であるかを知りません。 何も知らない赤ん坊にとって、もしかしたらその景色も「私」かもしれないし、その音も「私」かもしれません…

許すということ

「許す」というと、おそらく多くの人が嫌いなものや嫌いな人を許さなければならないと思うのではないでしょうか。 私たちは学校や家庭において、まず他者を許すことを学びます。 だけど、本当に許すべき対象は何よりも「自分」です。 精神的な症状や生き辛さ…

間違えることが怖い

以前、何かのQ&Aの記事を読んでいたら「間違えることが異常に怖いのですが、どうしてでしょうか。」という投稿がありました。 その投稿に対して多くの人が「八方美人なんじゃない?」「人によく思われたいんでしょ。」というような返答をしていて、私は一般…

思考は私ではない

私たちはいつも思考に囚われてきました。 「そうしなければならない」 「そう感じてはいけない」 「そうあるべきだ」 私たちは思考が自分だと思っています。 自らの思考において良いとされるものに従うことができる、悪いとされるものに従ってはならない。 …

私たちは生きる世界を選ぶことができる

書籍「奇跡講座」にもありますが(まだ勉強中です(^_^;))私たちが普段目にしているものは、全てが過去のものです。 奇跡講座 テキスト編 作者: ヘレン・シャックマン,加藤三代子,澤井美子 出版社/メーカー: 中央アート出版社 発売日: 2013/06/25 メディア:…