道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

感情

痛みに寄り添う

「人の痛みは経験した人でないと分からない。」 これは半分正しいけれど半分そうではないと思う。 「人のほんとうの痛みはそれと向き合った人でないと分からない。」 多分こちらのほうが真実に近い。 私たちは、小さなころから心の痛みの間違った処理のやり…

ホ・オポノポノと超意識

ホ・オポノポノ(Hoʻoponopono)は、ハワイにおける、告白による和解と許しの習慣、社会秩序・家族関係を回復するための習慣、病気からの回復法・予防法である。 wikipediaより ホ・オポノポノでは、人間が持つ3つの意識=潜在意識、顕在意識、超意識をファミ…

怒りと平安

怒りについて考えるとき、思い出すことがあります。 以前、駐車場で順番待ちをしていた時に、割り込んできた年配の女性に私はとても感情的に怒りをぶつけたことがありました。 それまでは怒りを抑え込む癖があったのですが、その時はクラクションを何度も鳴…

変わるために必要なこと

生きづらさや苦しみを手放すには自分が変わるしかない。 このことばにはどれほどの誤解があるだろうかと思う。 もし目に映るこの世界の基準に合わせ生きていくしかないのなら、変わるということは弱肉強食の価値観の中で他の誰かより強くなること、繊細さを…

自分との関わりが変えるもの

子どもの頃、芥川龍之介の描く死後の世界が大好きでした。 どうしてあんなにも惹かれていたのかずっと分からなかったけれど、最近になってそれが少し分かってきた気がします。 きっと私は小さな頃から、自分が生きるこの世界の矛盾に苦しみ、ここから救って…

感情の抑圧と受容

アダルトチルドレンにはさまざまな定義がありますが、未熟さを許容されず、強制的に手放さなければならない環境で子ども時代を過ごした人だと私は思っています。 子どものときは、誰しもが弱さや未熟さを抱えています。 本来、人はこの未熟さを無理やりに手…

自分を捨てて真の自分と出会う

私たちの肉体は、どんなに歳をとっても、どれほどの経験を積み重ねても、幼少期から少年期に育まれた潜在意識からは離れられないのかもしれません。 その時期に、繰り返し感じた体や心の反応や、それに付随して認識される自己評価は、生活のさまざまな場面で…

アダルトチルドレンの回復とは

毒親という言葉は、「毒になる親」の著者スーザンフォワードが作った言葉ですが、この言葉が世に出たことでどれほどの人が救われたことだろうかと思います。 依存症や共依存、生き辛さなどの根本的な原因が、自分ではなく生育環境にあると知ることはアダルト…

自分に対する責任

ここのところ、自我を押し付けて来る人、相手を卑下し自分の正当性を主張する人との出会いが重なり、それは何故なのかなと考えていました。 実際のところ、そのような人は私が最も苦手とするタイプで、かなり気も滅入ってしまっていました。 ですが、以前の…

人は傷つけられない

人は、常に自分が今まで培ってきたフィルターを通して世界を、他者を認識しています。 そのフィルターは、過去におけるさまざまな学習から作られてきたもので、個人の歴史がひとりひとり違うように、ひとつずつ異なるフィルターです。 あなたの見ている世界…

怖れや不安はどこから

人がこの世界に生まれたとき、誰もが自分というものを知りません。 目に入る何かが、耳に流れてくる何かが、それが一体何であるかを知りません。 何も知らない赤ん坊にとって、もしかしたらその景色も自分かもしれないし、その音も自分かもしれません。 世界…

許すということ

「許す」というと、おそらく多くの人が嫌いなものや嫌いな人を許さなければならないと思うのではないでしょうか。 私たちは学校や社会において、まず他者を許すことを学びます。 だけど、本当に許すべき対象は何よりも自分です。 精神的な症状や生き辛さを抱…

間違えることが怖い

以前、何かのQ&Aの記事を読んでいたら 「間違えることが異常に怖いのですが、どうしてでしょうか。」 という投稿を目にしました。 その投稿に対して多くの人が 「八方美人なんじゃない?」 「人によく思われたいんでしょ。」 というような返答をしていて、私…

思考は私ではない

先日、友人と引き寄せについて話していたのですが、 「私、めんどくさい思考だから、物質の引き寄せが幸せだとなかなか納得できないんだよね。」 と伝えたときに、友人から 「自分のことをめんどくさいなんて言っちゃダメだよ。」 と言われて、え?めんどく…

あなたの見ている世界は本物ですか

私たちは過去だけをみている 書籍「奇跡講座」にもありますが(まだ勉強中です(^_^;))私たちが普段目にしているものの全ては、過去の観点に基づいています。 奇跡講座 テキスト編 作者: ヘレン・シャックマン,加藤三代子,澤井美子 出版社/メーカー: 中央ア…

自己承認について

私は10代のころからさまざまなこころの病を経験してきました。 生き辛さ、摂食障害、人や物、アルコールなどへの依存、鬱、不安障害など。 そして40代になり初めて、何故それらが私の側にずっとあり続けたのか、その根本の原因と向き合うことで少しずつ問題…