道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

怖れや不安はどこから

人がこの世界に生まれたとき、誰もが自分というものを知りません。

目に入る何かが、耳に流れてくる何かが、それが一体何であるかを知りません。

 

何も知らない赤ん坊にとって、もしかしたらその景色も自分かもしれないし、その音も自分かもしれません。

世界は全て自分の一部かもしれません。

 

どこからどこまでが自分で、どこからどこまでが自分でないのかを決めてきたのは、社会のルールです。

時間があり、肉体があり、存在の分離がある。

その学びがいつしか、この肉体の中に存在するものだけが自分だと人に認識させていきます。

 

こんなにも大きな世界の中の、たったひとつの小さな小さな肉体に閉じ込められた、この先の行方さえ知ることができない存在だけが自分なら、どうして怖れや不安を感じることなく生きていくことができるでしょうか。

 

そしてまた、自分だと信じていた肉体という入れものは、時に壊れたり、歳を重ねる毎に疲労していきます。

その一部すら、自分の力で動かせなくなっていくこともあります。

 

ですが、本当に自分はその肉体の中にしか存在しないのでしょうか。

そして、その肉体は本当に紛れもない自分でしょうか。

 

肉体がもし自分なら、人は思い通りにそれを動かせるはずです。

だけど、心臓や脈や臓器はいつも自分の知らないところで動いています。

誰にもそれをコントロールすることはできません。

 

そして、感情が自分なら人はいくらでも怖れや不安をコントロールすることができるはずたし、心地よいと感じられる喜びだけを選ぶこともできるはずです。

 

またその思考が自分なら、自らの考えも完全にコントロールできなくてはなりません。

 

全ての怖れや不安は、この世界との分離という感覚から生まれます。

小さな肉体の中で、この先の未来が、自分がどうなるのか知る術がないまま、コントロールできそうな何かをずっと探し続けている状態です。

 

大いなる存在への信頼だけが、人を不安や恐れから救ってくれます。

それは、人によっては母や父だったり、祖父母だったり、先祖だったり、ハイヤーセルフや霊的存在だったりするのかもしれませんが、いずれにしても、それはその人にとって自分と世界とを信頼という糸で繋いでくれる存在です。

その信頼の糸の繋がりだけが、人を前に進ませてくれます。

 

もし、あなたがその糸を肉体を持つ誰かから紡いでもらえずに育ったのなら、自分だと捉えているものを一度全て疑ってみて下さい。

そうすることで、自らの中にこそ何より信頼に値する存在があったことに気づきます。

 

肉体として触れられない、内なる神と糸を紡いでいくことは、肉体を持つ私たちにとって容易いことではありません。

ですがそれは、自分そのものも信頼へと引き上げてくれるプロセスとなります。