道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

インナーチャイルドを癒す意味

インナーチャイルドを癒すというと、現実の問題からの逃避だと思う方もいるでしょう。

過去の感情(インナーチャイルド)を癒やすという言葉もまた、目の前の問題を解決することに向き合わず、過去に逃避や責任転嫁をすることのように感じさせます。

 

ですが、インナーチャイルドを癒す本当の目的とは、目の前の問題を歪んだ潜在意識の視点からではなく、正しい視点で解決するためのものです。

逃避ではなく、正しく問題に向き合うためのプロセスです。

 

潜在意識と顕在意識

人の意識は、大きくふたつに分けられます。

意識と無意識。

意識とは、普段人が認識することができるもので顕在意識とも呼びます。

そして無意識とは、普段は気づかない部分にある意識です。

この無意識のうち、個人の過去の経験から培われる意識が、潜在意識と呼ばれます。

 

人の認識や思考は、この潜在意識の影響を最も強く受けています。

そして、潜在意識の大部分が培われてきたところが、私たちがこの世界と自分とは何かを学んできた幼少期から少年期です。

 

幼少期から少年期の強いトラウマが歪んだ潜在意識をつくる

その時期に、何らかのトラウマや痛みを経験することなく過ごしてきた方はほとんどいないと私は思います。

養育者から、冷たい言葉や暴力を繰り返し受けてきた人もいるかもしれません。

そうでなくても、養育者が忙しくて、または未熟であり、充分に愛情を受け取ることができなかったり、親のような役割を担うことを余儀なくされてきた人もいるでしょう。

 

そこで一番問題になるのは、その養育者がどれだけ至らなかったかではありません。

子ども自身が身を守るために、誤った世界観や自己認識を身につけてしまうことです。

 

何か問題が起きたとき、大人であればおそらく上手く対処できていたであろうことも、まだ自力で生きていけない子どもにとっては上手く対処することは困難です。

そこで、子どもなりにできる精一杯の方法が、子どもとして当たり前の未熟さと自分の感情を否定することです。

 

その否定の部分はそれぞれ違いますが、共通することは、それが消えない潜在意識となり私たちの思考の基盤となっていくこと。

現在の問題を対処しようとするときに、その凝り固まった潜在意識がブロックとなり、前に進むことを困難にするということです。

 

インナーチャイルドを癒やすことは、潜在意識の歪みを修正すること

その潜在意識は、今現在いくらがんばったとしても修正することはとても困難です。

ですが、それが主に培われた過去の痛みを持つインナーチャイルドを癒すことで、現在の潜在意識の歪みを修正しやすくしてくれます。

 

自分と世界を思い込みと誤解から開放する

インナーチャイルドの癒しの意味とは、その誤った潜在意識を見直し、曇りのない目を取り戻すことです。

 

多くの人が、今の自分は自分自身が全てつくりあげてきたパーソナリティだと考えています。

ですが、人はいわば過去の経験の塊、潜在意識の塊であり、その潜在意識の大部分は、選ぶことも逃げることもできなかった周りの環境に与えられてきたものです。

 

この肉体としての自分は、与えられた自分なのです。

インナーチャイルドを癒すにつれ、その与えられた自分は少しずつ小さくなっていきます。

そうすることで、人は本当の自分に気づき、真実だと信じてやまなかったこの世界のたくさんの誤解にも気づくのです。

和解: インナーチャイルドを癒す

和解: インナーチャイルドを癒す