道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

インナーチャイルドが苦しむ要因

インナーチャイルドについて最近少しずつ分かってきたことがあります。

 

私は今までインナーチャイルドが癒されていない要因は、親などの外部の環境の影響が大部分を占めると思ってきました。

親から子への言動に問題が大きければ大きいほど、子どもがトラウマを抱える比率が上がり、インナーチャイルドが傷つくのではないかと考えていました。

 

もちろん、それらの影響はとても重要です。

ですが、それよりも持って生まれた本人の気質や性格によるもののほうが、さらに大きく影響するのではないかと今は感じています。

 

傷の深いインナーチャイルドを持つ多くの人の特徴は、人の気持ちが分かりすぎる、感受性の強いいわゆるエンパスタイプです。

人の痛みや苦しみを自分のもののように感じ、他者との感情の境界線を引きにくいという特徴を持っています。

 

このエンパスという特性は、後天的なものであるという意見もあります。

相手の気持ちを思いやらなければならなかった環境、自己承認を得るために親の顔色を伺わなければならなかったような環境においてその特性が育まれるという意見です。

また日本のように、周りとの協調性を重んじる文化圏においては、エンパスの割合は他国より多くなると言われます。

 

ですがどんなに酷い外部環境、例えば虐待などの環境においてもさほどトラウマを持たず生きていける人がいるように、エンパスになるための環境をいくら与えられても全くそうならない人もいるのです。

逆に何ら問題のない環境に育ってきても、その共感性の強さから深刻なインナーチャイルドを抱えている人もいます。

 

そう考えると、やはりエンパスは持って生まれた特性ではないかと思うのです。

周りの環境は、その特性を増長していく要因に過ぎないと私は考えています。

 

では、エンパスであることがインナーチャイルドにどう影響していくのでしょうか。

 

生まれてから幼少期にかけての子どもにとって、親という存在は計り知れないほど大きなものです。

自分の命を繋ぎ、世界とは何かを教え、自分という存在の価値を決定づける大切な存在です。

 

その親が悩んだり苦しんでいた場合、共感性があまり高くない、エンパスの特性を持たない子どもは、その苦しみを親自身のものだと判断できます。

自分の感情と相手の感情の間に、境界線を引くことができるのです。

ですが、その境界線が分からないエンパスの子どもは親の苦しみを自分の苦しみと同一化します。

 

もちろんそれは苦しみだけではなく全ての感情においてです。

例えば親が喜んでいてもエンパスの子どもは自分の喜びのようにそれを感じます。

 

ですからエンパスの特性を持つ子どもの内面はいつも大忙しです。

いくら自分に幸せなことがあったとしても、周りのエネルギーがネガティブな場合、それらを読み自分のものと同一化するため、自分の幸せすら分からなくなるのです。

 

そこでようやく影響してくるのが、周りの環境です。

周りが、主に親が問題を抱えていた場合、エンパスの子どもへの影響はそうでない子どもに比べ、よりネガティブになります。

 

そのような条件下において、子どもが優先すべきは、いつしか自分よりも常に親の感情となっていきます。

親の感情を読み、自分が認められているか否かが、自分の存在の否定や肯定に繋がる全ての要素となります。

 

これは自己保身のためだけに起こる現象ではありません。

以前のブログでも書いたように、子どもから親に向ける愛情は、親が子どもに向ける愛情よりもずっとずっと深いものです。

子どもにとって、お母さんが幸せであることは、子どもが自覚しているしていないに関わらず、自分のそれよりも大切なものなのです。

 

そして親が幸せでないとき、幸せにできない、満足させられない自分の価値を、子どもは自ら下げていくのです。

(017)母という病 (ポプラ新書)

(017)母という病 (ポプラ新書)

 

そしていつしかそれが固定された潜在意識となり、不安や怖れ、自己不信感へと繋がっていく。

それが、インナーチャイルドが苦しむ根本原因ではないかと思います。

 

ですがその自己価値の認識は、もちろん正しいものではありません。

この世界の知識や生命力がまだ乏しい小さな子どもが、間違って身につけた怖れからの防御です。

そして、怖れという感情の裏にあるものは常に「愛」です。

私たちはいつも愛が欲しかった、そして愛を与えたかった、ただそれだけだったのではないでしょうか。

 

またエンパスであること、共感性が高いことは決して否定される能力ではありません。

それは使い方によっては素晴らしい才能です。

喜びも悲しみも受けとる力が高ければ高いほど、それは新たなものを生み出す力になります。

芸術家や音楽家なども、高い共感性がなければ心に響くような作品を生み出すことはきっとできないでしょう。

 

インナーチャイルドが傷ついて動けなくなっている人は、その優れた共感性の大部分を外部にいる他者に合わせています。

だから、自らの感情をそのまま感じることができなかったり、またそれに気づくことすら上手くできなかったり、そもそも自分の感情を受けとめる行為そのものに罪悪感や不信感を持っていたりします。

 

私たちは、ただその特性の使い方を間違えてきただけなのです。

本来、その鋭い共感力を使わなくてはならない相手は親でもなく、他者でもなく、何よりも自分、そして内に存在する神だけです。

 

そして、全ての感情の責任は自らにしかないことを私たちは知るべきです。

それは、相手を放棄することではなく自分を保護する防御でもなく、相手への自分への本当の愛情であり優しさです。

自らの感情の原因を相手に起因させたり、相手の感情の責任を自らのものと受け止めコントロールしようとすることは、それぞれの人生の学びを妨害しようとしていることと同様です。

 

悲しみを深く悲しみ、痛みを強く受け止める力があるからこそ、それらを昇華し光に変える力をもまたエンパスは持っています。

それを行うべきは、自らの感情だけでなくてはなりません。

それは、決して何かを成し遂げたり形にする必要はなく、ただそう在ることが本当の意味で自分を救い、相手を救うことができるのだと、私はそう考えています。