道の途中で

生き辛さ、依存性や不安を抱える人へ。スピリチュアルが私に教えてくれたこと。

自分を捨て真の自分と出会う

私たちの肉体は、どんなに歳をとっても、どれほどの経験を積み重ねても、幼少期に培った記憶からは離れられないのかもしれません。

その時期に繰り返し感じた体や心の反応や、それに付随して認識される自己評価は、生活の全ての場面で無意識に再生され続けます。

そして、ほとんどの人がそれを真実だと思い込んでいます。

 

その無意識に認識され続ける自己評価が高く心地良いものであれば、そうでない人に比べどれほど人生が容易くなるでしょうか。

人生を困難にするそれらのハードルをたくさん抱えた人は、ハードルが少ない人を見て、自分もそうなりたい、何とかそれを乗り越えたいと願うのです。

もっと強くなれば、上手く防御をすれば、過去を乗り越えれば、そうなれるような気がするし、周りもそう言っている。

今を変えなさい、過去を引きずるのはやめなさいと。

 

だけど、おそらく過去を引きずっていない人など誰もいないのです。

引きずっていないと思っている人は、その軽さ故に引きずっていることに気づいていないだけ。

それほど人の肉体というものは、過去の経験に基づいてしか生きられないものです。

 

ならばハードルをたくさん抱えた人はこのまま苦しみながら生きていかなくてはならないのでしょうか。

それは違います。絶対に。

 

ただ気づくことです。本当の自分に。

経験も思考も自己認識も、それは本当のあなたでしょうか。それは全て過去の経験の反射に過ぎない、あるように見えて実在しないものです。

肉体も過去に基づいた潜在意識の塊であり、私たちを運ぶ乗り物に過ぎません。

 

もし、潜在意識がどうやってももう修復できないくらいにボロボロならば、私はもうそれを脱ぎ捨てて生きていきたいと願うのです。

だって「私」はそこにはいないから。

そうすることだけが私にとって真の「私」に出会い、生きる道なのだから。

 

物質界に属する肉体は自己性のごく一部分であるにもかかわらず、現在のパーソナリティーはそれを自分だと思い込んでいるのです。

 

ほとんどの人は自分の感情や信念にパーソナリティーを支配されていますが、サイキカル体とノエティカル体をどのように形づくっていくか、指示するのはパーソナリティーのほうです。

※サイキカル体(感情を司る)ノエティカル体(思考を司る)

 

自己性のこうした表現こそ、ジョシュアが私たちに「自分を捨てなさい」(新約・マタイ16-24)と求めた理由です。

そうすることによって私たちは、真実の自己をより理解できるからです。

エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ

エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ